kc-g50 口コミ | 楽天での評価はどう?

もうすぐ花粉が飛ぶ季節になりました。

花粉症がひどいので、毎年この季節になると憂鬱になりますが、空気清浄機を利用するといいよと知人から教えてもらいました。

外出したときはマスクで防備できますが、家に入ってしまった花粉を少しでものぞくことが出来れば花粉症を抑えられるかもと思い、楽天で探してみました。

シャープのkc-g50という製品だとお手頃価格なのに楽天の評価だと5点満点中4.40点と評価がよかったです。

空気清浄機ランキング【楽天】

その評価が本当に正しいかどうか実際に購入した方の口コミを集めてみました。

kc-g50の口コミ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャープ プラズマクラスター 加湿空気清浄機 KC-G50-W ホワイト系
価格:17200円(税込、送料無料) (2018/2/10時点)

【よい口コミ】

・床暖房で乾燥が気になっていたので購入しました。最小限の機能でしか使いませんが、それで十分だと考えています。昔の加湿器だと電気代がかかったのが、kc-g50だと意外とかからず、しかも空気も綺麗になって加湿もできるのが嬉しいです。・リビングの窓側に置いていて、洗濯物を取り込んだらすぐに赤いランプがつきました。感知もいいようです。

・使用しているときの音が静かで、電気料金も安く、フィルター交換も10年と長めなので満足です。

・以前まで約10年間加湿器だけで使用していたけど、あまり加湿されなくなったこと、子供がハウスダスト等のアレルギー持ちなのでkc-g50を購入しました。ダイキンの除湿加湿空気清浄機も使ってましたが、そんなに差は感じられません。

・寝室に使っています。使い始めてから起きた時に喉の痛みがなくなったので、効果を感じています。

・シャープのこのシリーズは年式が違うだけで新製品とほとんど性能が変わらないみたいなので、割安のkc-g50を購入しました。

・某シャープ製の空気清浄機とシャープ純正であるkc-g50をどちらにするか悩みました。kc-g50は某シャープ製より3,000円位高いですが、清浄する畳数が広いこと、フィルター交換年数が10年だったこと(もう一方は2年)、水を入れるタンクの作りが良かったことから決めました。

・冬になると乾燥がひどく、静電気バチバチで周りに迷惑をかけていましたが、それが軽減しました!水タンクは1日に2回補給するので最初は面倒に思いましたが、慣れました。喫煙者がいるのですが、部屋のタバコ臭さが気にならなくなり助かりました。

【残念な口コミ】

・デザインや静音性も良く、同じシャープのKIBX50と比較しても水タンクの操作性が良くなりました。ただ、タイマー設定ができないのがちょっと不満です(同レベルのKC-F50だとタイマー付きなので)。

・利用しているときにパワーをあげると結構な音がしてうるさい。だけど寝る時にはちゃんと専用モードがあるからので気にはならない。

このように、あまり良くない口コミでもそんなに悪く言われていませんね。もうちょっとこういう機能があったら・・・のレベルです。それだけkc-g50の性能が良いことが分かりますね。

そこでkc-g50の特長や性能をまとめてみました。

kc-g50の性能

kc-g50の3つの特長

①高濃度プラズマクラスター7000搭載

0.1~2.5マイクロメーターの粒子を99%キャッチ。

②3つのフィルターで空気を清浄

・ホコリブロックプレフィルター(交換不要)→抗菌、防カビ

・ダブル消臭フィルター(10年間交換不要)→汗臭等を吸収

・静電HEPAフィルター(10年間交換不要)→花粉など微粒子を吸収

③たっぷり加湿と静音の、うるおい「静か寝」運転

明かりを消すと自動的に静音運転になります。

kc-g50 加湿機能

濃度プラズマクラスター・・・適用床面積(目安):約13畳(約21m2)

加湿空気清浄・・・清浄時間:8畳/17分

1時間当たりの電気代(円):最大約0.54円

空気清浄・・・・清浄時間:8畳/12分

1時間当たりの電気代(円):最大約1.46円

ちなみにkc-g50に似た商品でkc-f50があります。

kc-g50とkc-f50の違いは、kc-f50が2015年製に対し、kc-g50は2014年と型落ちになりますが、性能にそんなに違いはありません。
しいてあげるなら、kc-g50にグレー系が初登場したことくらいですね。

まとめ

シャープ製kc-g50はお手頃価格ながら高機能のため、現在でも人気がある商品です。

今の空気清浄機は花粉だけでなく、さらに小さいPM2.5の粒子まで吸い取ってくれるので助かりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!