大人の粉ミルクは美味しい?栄養は大人にとって十分なの?

子供が生まれたときに粉ミルクも時々与えていましたが、ちょっと舐めてみると、ほんのり甘くて美味しかった覚えがあります。

ところで、大人が粉ミルクを飲んでいるというネットのニュースを最近見かけました。

お孫さんがいるからでしょうか、60代以上の女性の方が栄養価の高さと安全性に着目して、粉ミルクを飲んでいるようです。

「最近、どうも元気が出ない」「風邪をひきやすい」「便秘気味」「カルシウムが減ると、年を取って骨折しやすくなるのが不安」「食が細くなって、栄養のバランスが取れない」と、ご自分の健康や将来に不安を感じていらっしゃるみたいですね。

なるほど、赤ちゃんが飲むのなら確かに安全ですし、栄養もきちんと摂れるでしょう。

そういう声があるのを聞いて、大人に合った栄養素がきちんと摂れて安全性が高く、しかもカルシウムを取るために苦手な牛乳を飲まなくても済むようメーカーも考えたようで、大人用の粉ミルクが販売されました。

雪印「プラチナミルク」シリーズ

雪印から、3種類の製品が販売されています。

プラチナミルク フォー バランス

赤ちゃん用の粉ミルクだと大人にとっては栄養過多になるため、大人に不足しがちな栄養素(11種のビタミン、8種のミネラル、DHA、たんぱく質)が補充されていて、ビタミンやミネラルは牛乳より豊富に含まれているばかりか、DHAや鉄など牛乳では摂りにくい成分も含まれています。

朝食と一緒に摂ると1日の栄養摂取のバランスがよくなるので、オススメです。

賞味期限は開缶後、1ヶ月以内に飲んでしまう必要があります。

プラチナミルク フォー パワー HMB

HMB、カルシウム、ビタミンDが含まれた抹茶ミルク味です。

アスリートに人気の成分「HMB」は筋肉を増やす効果があり、筋肉が減りやすい高齢者にもいいですね。

外出先でも使いやすいスティックタイプですので、散歩やウォーキング、運動の前後に摂取することもできるので便利です。

プラチナミルク フォー ビューティ ポタージュ風味

牛乳にわずかしか含まれないセラミド(肌の角質層に含まれる成分)、女王蜂の特別食と言われるローヤルゼリー、吸収しやすくしたコラーゲンペプチド美容系4種のビタミンが含まれているので、女性の方には特にオススメですね。

外出先でも使いやすいスティックタイプでポタージュ風味なので、会社のお弁当の時に摂取するのもいいでしょう。

救心製薬「大人の粉ミルク」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人の粉ミルク 9.5g×30袋
価格:4680円(税込、送料別) (2017/9/29時点)

日本人やアジア系の人は、牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を分解出来る酵素が欧米の人より少ない人が多いそうです。

体内の酵素でブドウ糖を分解して吸収しますが、赤ちゃんはその酵素が多く分泌されるために、粉ミルクの栄養素をきちんと摂れるものの、大人は1/10まで減少するので、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする方がいるわけです。

救心製薬「大人の粉ミルク」なら乳糖やカゼインをかなり除去した乳清蛋白質を配合していて、そういった心配はないです。

また、コラーゲンとミネラルを同時に補給できるミネラル複合体「プロテタイト」、カルシウムの吸収を促す葉酸、ビタミンDも配合しています。

妊娠授乳期のママにも安心して飲めます。さわやかで飲みやすいヨーグルト風味ですよ。

まとめ

乳幼児に飲ませる粉ミルクの栄養素と安全性の高さから、大人の方で粉ミルクを飲む方が増えているようです。確かに安心して飲めるでしょうから、理にかなっていますね。

味も大人向けにアレンジしていますので、ちょっと試してみたい気分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする