バルミューダ 炊飯器 口コミや感想は?楽天での価格は?

バルミューダと言えば、これまでトースターや電気ケトルが販売され、高性能な機能で評判になりましたが、炊飯器もあるんですよ。

圧力IH炊飯器は、炊飯中、お米や水が対流してしまい、お米がぶつかって表面に傷が出来るので、米粒表面にでんぷんの膜が出来ます。
ところがバルミューダ 炊飯器は、対流させないことででんぷんをお米内部に閉じ込めるので、粒立ちのよい仕上がりになります。

バルミューダの炊飯器も結構なお値段で、楽天では44,820円くらいします。それでも人気なのは、トースターなどで支持を集めた信頼からでしょう。

バルミューダ 炊飯器 炊き方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バルミューダ 炊飯器 BALMUDA The Gohan あす楽14時まで 送料…
価格:44820円(税込、送料無料) (2017/9/3時点)

バルミューダ 炊飯器の炊き方は独特でして、下記ステップで炊きます。

①外釜に200ccの水を入れます。この釜水を熱することで蒸気の釜が出来ます。内釜全体を炊き上げる仕組みです。

②釜を中空にさせることで蒸気の力での炊くことが出来、米が煮崩れしません。

③センサーで正確に温度制御します。100℃を越えないようにすることで、米粒を壊さない工夫がなされています。

玄米、白米、無洗米、おかゆごとに入れる水の目盛りが釜に刻み込まれているので間違わないでしょう。
IH炊飯器と違い、白米で炊きあがるまでに1時間くらいかかります。早炊き機能もありますが、普通に炊く方が美味しいとの評判です。

バルミューダ 炊飯器 口コミや感想

バルミューダ炊飯器を購入した方の口コミや感想は割れてますね。

・シンプルなデザインで最小限必要な機能ながらも、2人暮らしの我が家にぴったりの炊飯器。一合炊いてみたら、お米の粒が一粒一粒しっかりしていて、美味しいご飯が炊けました。

・ホワイトを購入。スタイリッシュのデザインに驚き。ご飯を炊いてみると、お米が立っていてビックリ。どうしてもお弁当のご飯は冷めてしまうと美味しくなくなるのですが、バルミューダだと美味しさは変わらないです。おにぎりを握っても美味しく食べられた。

・保温機能がないので、余ったご飯はタッパに入れて冷凍。電子レンジで温めなおしても美味しい。ご飯がかためが好きな方にはいいかも。

・おかずに合うご飯の炊き上がりがうれしい。特に、明太子、カレー、イカの塩辛、辛子高菜などの辛い系のカズとは相性バッチリ。

気になる感想もありました。

・炊飯時間が少すし長めで、好みの炊き加減に調節出来ない。

・これまで7千円程度の安い3合炊きのマイコン炊飯器を使用。 IHや圧力など高価な炊飯器,土鍋やガス炊飯などを使ったことはないが、 硬い炊きあがりやきっちりとした米粒の立ち方は感じられなかった。

・3合炊きのため、玄米派でたくさん食べたい人には不向き。

・お米の香りがそれほどなく、噛んでもお米の甘みが感じられない。

まとめ

3合炊きの電気炊飯器で、圧力IH炊飯器だと最短約30分で炊き上がりますが、バルミューダ 炊飯器は60分かかります。

お米が立つので、冷めても美味しいとの感想が多いです。保温機能がないので、食べたいときは冷凍したご飯を温めなおすことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!